お金はいくらかかる|未来工房に頼んで理想のマイホームを建てる|安心の環境づくり
一軒家

未来工房に頼んで理想のマイホームを建てる|安心の環境づくり

お金はいくらかかる

住宅

新築住宅にかかる費用を知っておこう

新築住宅を購入する場合や建築する場合、いったいどのくらいのお金がかかるかということが新築住宅に住むことを希望している人の関心ごとではないでしょうか。住宅のお金の計算は単純なものではなく、正確に計算をするには、かなり細かいことを調べなくてはいけないのです。それでもローンを組む場合などはインフレになるかデフレになるかということや金利が増えるのか減るのかといった流れまで予想しなければならず、正確に数字を出すことが難しため、あまり細かい数字を出す意味はないのです。ただ、おおよその数字だけでも知っておくことで今後どのくらいの価格の新築住宅を購入できるかということや、理想とする新築住宅を購入するにはどのくらい年収を増やすべきかということがわかるのです。

年収から考えた購入額

住宅は大きく分けて土地と建物に分かれます。土地については場所によって全くと言っていいほど価格が変わってきますが、注文住宅の場合は既に土地を持っている人もいますし、建売住宅では土地と建物がセットで売られているので、土地の価格については考慮しないものとします。土地以外ではどれぐらいの予算が必要でしょうか。通常、建売住宅では2000万円、注文住宅では2800万円ぐらいが相場と言われています。ただ、都心部と地方で物価や住宅の建設にかかる人件費も違うためかなりアバウトな数字です。もし、注文住宅用に土地は持っている場合、2800万円を目安にローンの金利を含めていくらぐらいになるかを調べるのが良いでしょう。おおよそ年収の7倍が無理のない住宅の購入額だとすれば、金利込で3500万円する場合は、世帯年収が500万円は必要だということになります。